トップページへ戻る>マイクロパイル工法

マイクロパイル工法とは
施工機械が小型で、空頭制限のある狭間な場所でも施工が可能です。
芯材鋼管と改良体との一体化抵抗により大きな支持力を確保します。
豊富な実績を持つ要素技術を体系化・標準化させることにより施工性・適用性を向上します。
マイクロパイルの技術に高圧噴射撹拌による地盤改良技術を併用することも可能です。

   

工法概要  
小口径合成鋼管杭タイプ
(STマイクロパイルタイプI)
●施工要領
小口径鋼管をケーシングとして削孔打設しパッカーによるグラウトの段階加圧注入によって地盤中に鋼管を全面定着させる工法です。

高圧噴射撹拌工法との併用タイプ
(STマイクロタイプII)
●施工要領
硬化剤の高圧噴射撹拌(GTM工法)によって地盤中に改造体を造成し、その中に小口径鋼管を挿入、全面定着させる工法です。
 
 
Copyright(C)2008 SHINWA TECHNO All rights reserved.