土壌汚染詳細調査(詳細調査)
深度方向調査
表層土壌調査や土壌ガス調査で特定有害物質が検出された場合、土壌汚染の深度方向の分布を把握するためにボーリング調査を行います。
また、ボーリング孔を利用する事により、以下の調査を行う事ができます。
@採取した地下水を分析する事による、地下水汚染状況の把握
A観測井戸を設置する事による、地下水の汚染状況の継続的な観測
B各種孔内試験(透水試験・流向流速試験等)を併せて行う事による、詳細な土壌・地下水汚染メカニズムの把握

   
土壌汚染調査専用
ボーリングマシーン
  観測井戸設置状況   モドフローによる
地下水解析



閉じる