履歴調査(汚染可能性調査)
資料等調査、現地踏査、ヒアリング調査の結果により、定性的に土壌汚染が存在する可能性を評価します。主に、不動産取引における資産評価や現地調査の最初のステップとしてご利用頂けます。

資料等調査
旧版地形図、空中写真、登記簿謄本等の資料を収集し、過去から現在に至るまでの汚染の可能性を評価します。

         
旧版地形図   空中写真   登記簿謄本
※上に示す資料および写真は実際のものではございません。

現地踏査
対象地の踏査を行い、汚染の可能性を評価します。また、対象地周辺の踏査も行い、もらい汚染の可能性についても評価を行います。

ヒアリング調査
対象地の履歴や活動内容について詳しい人から聞き取り調査を行い資料内容の補完・充実を図り、汚染の可能性を評価します。

 
閉じる